【タブレット教材】Z-KAI社の小学生向け通信教育教材資料をお取り寄せしてみた。

こんにちは!YOSSY(@yossy_style)です😘
4月から3年生になる息子にタブレット教材での通信教育を検討中です☆

今日はお受験対策としても名高いZ会から届いた資料を拝見して個人的な見解をまとめていきたいと思います。



全体を通して中学受験を考えている親御さん向け

完全に個人の感想であり、もちろん受験をしないご家庭向けのコースもあるのですが、中学受験も視野に入れているというご家庭であれば、きっと満足度の高いコース編成になっています。

とは言っても、基礎理解も重視している

受験向きだから難しい問題ばかりかと言うと、そういうわけではないそうです。
基礎理解を重視して、段階的に難しい問題へ発展していくという感じでお子さんからしても、
「いつの間にか難しい問題も解けるようになっていた!」
という感じでレベルを上げていけるようです。

タブレットコースでは、解いた問題の正誤状況を分析して得意分野は更に難しい問題へ、不十分な分野は同じレベルの問題でまずは理解を深めるという流れになるそうなので、子供の苦手意識が克服できる作りになっていて良いですよね!

紙のコースか、タブレットか迷う!?

紙の教材であれば、目で見てどれぐらいの量の学習があるのか視覚的にわかるので感覚的に把握できますが、タブレットであればどれぐらいの量をこなさないといけないのか見えにくいという点はあるようですが、タブレットでしかできないことや紙の教材であればついつい教材を溜めてしまいがちであってもタブレットなら溜めずに気軽に取り組めるという利点もあるようです。
これは他のタブレット教材にも言えることかもしれませんね!
ちなみに、1日の学習量は3.4年生で30分程度、5.6年生で40分程度だそうです。
札幌市の小学生なら、家庭学習ノートもやらないといけないのでその時間を考慮すると30分程度であれば、家庭独自での学習時間としては妥当だなぁと思います。

学習スケジュールの機能がいいなと思った!

タブレットコースと中学受験コースがタブレットを使用するコースなのですが、
(中学受験コースは紙の教材とタブレットの教材を両方使用するとのこと)
タブレット上で、自動的に学習スケジュールが作成されるのでその日にやることが明確になるようです。
また、やれなかった日の予定を別の日に移動させるのも簡単にできるそうです。
カレンダー形式で1ヶ月の全体を見渡せるような作りになっていて、まだ自己管理を学ぶ段階の子供からしたら、自分の学習スケジュールを自分で管理して遂行していけるという習慣を作れることも非常に良いなぁと感じます。

英語教育とプログラミング教育

英語に関しては、3.4年生はリズムに乗せて発音する「チャンツトレーニング」に重点を置き、5.6年生になると「ロールプレイ練習」を通して抵抗なく英会話を練習してくという構成になっているようです。

プログラミングに関しては、小学生タブレットコースの教材ではプログラミングとしての学習として何か特別なカリキュラムがあるわけではなく飽くまでも「プログラミング的思考」を身に付けるための「総合学習」というカリキュラムが用意されています。

・資料を読み解いて考える力
・課題を発見し解決する力
・相手にわかりやすく伝える力

この3点が身につくような問題が教科の枠を超えて取り組めるようになっています。
この総合学習で興味があるのは、リスニングの問題もあって文字を読んで解くという問題だけでなく、音声を聞き取ってそれに基づいて情報を整理するというような問題もあるそうで、そのあたりは「さすがZ会!」という感じです。

また、ロボットを動かしたりするようないわゆる”プログラミング”を学ばせたいご家庭向けには、レゴ社のキットを使用して毎月1回届く教材に沿ってロボットを組み立てて、作成したロボットの動きを考えてiPad上のアイコンを操作してプログラムを組んでみるというようなコースも別に用意されています。

気になる月額利用料

他より割高と言われるZ会。
資料の中でも、通信教材との比較ではなく、家庭教師や塾との比較がなされていました。
実際、通信教材だけで中学受験を乗り切ろうとするならばこれ以上格安な教材はないと思います。
私が中学受験をした当時は(とか言っても既に30年近く前の話ですが!!笑)、5年生から日能研に通って両親は夏期講習やら冬期講習やらだけでも数十万円の相当高額な授業料を納めてくれていました。
それ以外に毎月の月謝や夜ご飯はお弁当を持たせてくれたり、かなり負担も大きかったと思うので、中学受験の準備をする費用として考えたらすっごく安いと思います。

とは言え、紙教材であれば1教科から申し込みできるのですが1教科であれば3年生で1,787円/月です。
これがスタンダードコースで、同じ教材にハイレベルのオプションを付けるとプラス246円/月で1教科取れます。
ハイレベルコースを申し込むのは、難関私立中学の受験を考えている方ではなく、公立中高一貫校を受験したいという方に多いようです。

タブレットコースは6教科受講が決まりとなっており、3年生の場合は6,863円/月で学年が上がるごとに少しずつ料金が上がり6年生では8,680円となります。
それぞれ6か月、12か月と一括支払いもできるようになっており、そちらを選択すれば多少値引きがされます。
詳細はパンフレットをお取り寄せして確認してください。



タブレットコースの対応端末

iPad Air
iPad Air2
iPad(2017年3月発売モデル/2018年3月発売モデル)
iPad pro(2015年9月発売モデル-12.9インチ・2016年3月発売モデル-9.7インチ・2017年6月発売モデル-10.5インチ/12.9インチ)
iPad mini2
ipad mini3
ipad mini4

となっており、スマートフォンやパソコンでは受講できません。
上記端末以外のタブレットであっても動作保証ができないということです。

資料に同梱されていたお試し教材が熱い!

資料を取り寄せただけのつもりだったのに、同梱されていた体験教材がすごく充実していて、思いがけず嬉しかったです😍

ちょうど春休みで、2年生の復習に力を入れていたのですが家庭学習に使った教材に直接書き込んで使いきってしまおうと思っていたのですが、量が多くて全部やるのは難しいかも…?と思っていた時期だったので、入っていた「復習かんぺきワーク」を使おうと思います!
全体的にやってみてどこに弱点があるのかわかれば、その弱点を克服できるように元々持っているワークで補えると思います🤔

タブレットで検討しましたが、紙教材を受講しようかなぁと思っています!

今回、資料を請求してみて、Z会の教材の良さがすごくわかりました。
わが家では中学受験をさせる予定はないのですが、札幌市内にも公立中高一貫校が1校あります。
まだ中高一貫教育が始まって6年経っておらず、その学校から大学進学する子供たちがどういうレベルの大学に進めるのかがまだわからない状況です。
息子の幼稚園時代から親子で仲良くしているママ友とは、その状況次第で受験するか考えたいねぇと話しています。
せめて受験したいと息子が言い出した時にまったく準備ができていないとなるのはかわいそうだなぁと思ったので、選択肢として残せるだけの力は付けられる環境を作ってあげたいと思います。

息子が苦手な算数に関しては、Z会のハイレベルコースで申し込みをしようと思っています。
1教科ならさっき書いた通り2,000円ぐらいで受講できるので気楽です。
国語は、私と喧嘩しながらでも(笑)、なんとか学力を落とさずに進めているので少しこのまま様子を見てみようと思います。
算数は、既に2年生修了段階でも、決して理解が遅いとか、ついていけてないということはないのですが、余裕でもない、という印象です。
ほんと、通知表のとおりで。「十分に到達」ではなく、シンプルに「到達」というレベルです。
なのでもう少し力を付けるには、私自身がどう対策してあげれば良いか悩んでいたので、Z会の教材を使ってみたい!と思いました💓

ご関心ある方は、是非資料請求なさってみてください♪
付録の体験教材もすっごく良いですよ~!!






にほんブログ村 主婦日記ブログへ