【タブレット教材】ジャストシステム社「スマイルゼミ」の資料をお取り寄せしてみた。

こんにちは!
今春、小学3年生に進級する息子の家庭学習プログラムを考えるのに、
タブレット教材を検討中のYOSSY(@yossy_style)です😘

2年生まで使っていた家庭学習用の教材にご興味ある方は↓の記事を参考にしてください。


タブレット教材だけで調べるといろんな会社のいろんな教材が出てくるのですが、今回は大手3社に絞って資料請求をしました。
その時の記事はこちら↓

今回は各社ごとにいただいた資料を基に特徴をまとめていきたいと思います。
小学生をお育て中のお母さま方のご参考になれば幸いです。

ジャストシステム社は資料の内容が圧倒的に素晴らしい!




ジャストシステム社の資料は内容自体が、新指導要領でココが変わる!というような特集が多く
私たちの子供たちがどういう教育をこれから受けていくのか、世の中の教育システムがどう変わっていくのか、
そういうことを根本から理解できる内容でした。
タブレットを検討される方はもちろん、これからの学校教育がどうなっていくのかを知りたい!という方にも
お勧めできる
資料がたくさん入っていました。
資料請求無料なので、ご関心ある方は上のバナーより是非お取り寄せしてみてください💓

スマイルゼミならではの機能・特長

資料を拝見して、私の目に留まった機能や特長についてまとめます。
様々な工夫や機能がある中で私と息子の環境にとっては「これはいい!」と思った点をピックアップしますので、
個人の意見としてお読みください♪

今日のミッション機能

自分でその日に学習する内容を決めることもできるようですが、断然お勧めなのは「今日のミッション」です。
過去に間違えた問題に優先的に誘導してくれたり、取り組みが遅れている教科へ誘導してくれます。
わが家の息子は、国語が好きなので家庭学習でもメニューを自分で決めさせるとどうしても国語ばかりになってしまいます。
それは学校の通知表にも大きく反映されており、前後期共に国語は「十分に到達」が2つ以上あったのに対し、
算数は前後期共に「到達」のみとなりました。
なので、親心としては算数を重点的に家庭で取り組みして欲しいところなのですが、
自発的な行動を優先すると算数が手薄になってしまった2年生でした。
その点では、今日のミッション機能で否応なく算数に取り組みができるとなれば、嬉しい限りです😍

年1回、無料で漢検を受検できる!

このブログを読んでくださっている方は既にご存知だと思いますが、私たち親子は、毎年秋の漢検を受検しています!

今年ももちろん♪受ける予定です!
今年は3年生なので8級を勉強する予定でいます。
スマイルゼミでは漢検の合格率も96.5%と非常に高く、力を入れて取り組んでいることのひとつのようです。
そこで、スマイルゼミ生は年1回、漢検を無料で受検できるということでこの点にも惹かれました。
受検料自体はそんなに高いものでもないのですが、教材として、また会社として、漢検に重要性を持って漢字の教材が作られているという点が良いなと思いました😄

プログラミングの学ばせ方

新指導要領では、プログラミングも必修になります。
ただ、プログラミングと言っても私たちがパッと思いつくようなパソコンを大活用してプログラマーに育てたりとかそういう内容の趣旨ではなく、
飽くまでも「プログラミング的思考」を子供たちが身に付けていくということが大前提の課題です。

 icon-arrow-circle-right プログラミング的思考ってなに?
・論理的思考
・問題解決力
・創造力
を最大限に高めていくことで身につく思考のこと。
答えがひとつでないものや、常に状況が変わるものに対してトライ&エラーを繰り返しながら解決法を発見していく。
試行錯誤を繰り返しながら、ゴールまで到達する方法を模索し、順序立てて考え、解決に導く力を養う。

スマイルゼミには、他教材と組み合わせることで効率的に論理的思考を養いつつ教科の学びも深めていく仕組みがあります。
プログラミング×算数、プログラミング×理社、の組み合わせで、
教科の学びに関連付けた様々なテーマに取り組む教材が用意されているそうです。

プログラミングに関しては、小学校で必修化すると言っても全く未知の世界で不安でしたが、
資料を拝見していて、なんとなくイメージが湧いてきたので少し安心できましたが、
家庭でできる対策としては、タブレットでプログラミングの教材に慣れさせるという範囲で十分かと思います。

独自の英語教材

英語に関しては、私自身が英語教室を運営してきた経験から結構厳しい目になってしまっていると思います😂
それでも、「これなら子供が楽しく英語に関わっていけそうだな」と思える内容です。
わが家は息子が非常に残念なことですが「英語は嫌い!」という感じなので、低学年までの耳の能力が著しく高いゴールデン期間の英語学習チャンスを完全に逃しました。

理論上3年生までは、

単純に聞こえてきたものや見たものを覚えて真似する能力>理論的に考えて理解して覚える能力

なので、まだ能力的にはギリギリセーフではありそうなのですが、個人差もあると思います。
息子の性格的には小3とは言えども、理論的に理解しないとモヤモヤしてしまうタイプです。

そんな息子にぴったりだなと思ったのが、
発音を視覚的に捉えて、お手本と比較して練習できる、という機能です。
言葉で説明するのは難しいのですが、お手本の発音と、自分が発音したものがグラフみたいな感じで視覚化されるのです。
そして、どこのイントネーションがどういう風にお手本と違うのかを視覚的に理解して正せるのです。

学ぶ→反復(ゲーム性のある学習)→定着

という構成になっているのも、いいなと思いました。
ゲーム感覚で習ったことを定着させていけるのは、タブレットならではの良さだなぁと思います。

気になる月謝(会費)

継続的に学習させたいので、毎月の月謝(会費)ができればリーズナブルな方が嬉しいですね。
学年別に金額が違うので、ご関心ある方は是非資料請求をして確認していただきたいのですが、
2019年度の3年生の場合は6教科(国・算・理・社・英・プ)すべて教科書準拠の内容で受講できて月額4,400円です。
年払いにするともっとお得になるようです!
それにしても資料を拝見する限り、内容的に見ても安いと感じました!!

タブレット代金が一括購入では9,980円ですが月払いにすると980円の12回払いです。

また、年1回は、端末に対して3,600円のあんしんサポートというオプションを付けなければなりません。

なので、端末を一括払いする場合は初回のみ会費のほかに端末代とサポート料で13,580円が必要です。



 icon-comments-o こんな感じでスマイルゼミ、タブレット教材としての実績があるだけのことはあってすごく内容も良さそうでした。
内容に対しての会費も、リーズナブルだなぁと思いました。
息子に実際触らせてみようと思ったのと、きちんとした説明が聴きたいと思って無料体験会に行ってみたのですが、
息子はiPadなども普段から使っているのでタブレットへの抵抗感はなく、結構楽しそうに使ってました。
説明に関しては、正直なところあまりピンとくる説明は受けられませんでした😂
「他社と決定的に違う!」という推しどころはどこですか?と質問したら、
ペンが書きやすいことですみたいなこと言ってました💦
まぁ、担当してくれた方も20代そこそこの若い男の子だったので、親の気持ちとかはあまりよく理解しないで催事に立たされてるんだろうな、という感じです。そこだけは残念でしたが、資料の内容が素晴らしく良かったので、あの男の子には資料を熟読して暗記した方が良いとアドバイスしたいです😅

他2社の資料についても別記事にしようと思います♪
また、どの教材を使うことにするか決めたら、そちらも別記事でご紹介しますね~!




にほんブログ村 主婦日記ブログへ