YOSSY親子の中学受験奮闘記

四谷大塚主催の「全国統一小学生テスト」に挑戦しよう!

こんにちは!YOSSY(@yossy_style)です😘

先日、6月6日に開催された四谷大塚の全国統一小学生テストに息子も挑戦しました~!!
通っている塾でエントリーしてくれるので、個人的に手続きをすることはなかったのですが、塾に通っていないお子さんも無料で受けることができるテストらしいので、まだ中学受験を検討中という方もチャレンジしてみるとお子さんのモチベーションアップに繋がるかもしれません👍✨

今日は、全国統一小学生テストのご紹介と、お粗末ではありますが息子の成績の推移もご参考になる部分があればと思い、残しておくことにします😆

全国統一小学生テストについて

中学受験といえば、私が受験生だった頃(30年ほど前!!😂)も日能研か四谷大塚というぐらい四谷大塚系列の塾は中学受験に強いです。
私は日能研に通っていたので、四谷のテストは受けたことがありませんでしたが、当時でも名の通る塾でしたし、あれから30年以上経過してますます中学受験のノウハウを積み上げているはずなので定期的にこういう機会を利用して模試にチャレンジしてみる価値は十分にあると思います。

公式ホームページはこちら

大体毎年6月と11月の年2回開催です。

今年は6月がもう終了してしまったので、ご興味のある方は11月の受験を目指してみてはいかがでしょうか?
10月あたりから申し込み開始となると思いますので、上記の公式サイトを随時チェックしてみてください。

試験は年長さんから用意されている

年長さんも受験資格があり、算数国語融合型の問題を解くようです。
小学1年生から3年生までは国語と算数の2教科、4年生から6年生までは国語、算数、理科、社会の4教科です。
国語と算数は150点満点、理科と社会は100点満点の全教科合わせて500点満点の試験です。
試験時間が比較的短いのが特徴で、学年によっても違いますが、今回息子が受験した5年生では算数50分、国語40分、理科と社会は25分ずつという時間配分です。
とにかく時間が限られているので、回答作成能力が求められます。
初めて受験した時は、特に理科と社会が時間が全く足りなかったようで、わかる問題の回答も書ききれずに終わってしまったと嘆いていたのを覚えています。
問題文をきっちりゆっくり読んでいるようでは、時間が足りなくなるテストです。
今回は前回の経験を踏まえてわかるところからさっさと埋めていく、迷うようなら後に回す、というふうに息子には伝えました。

受験後の診断レポートがすっごく参考になる!

このテストのすごく良いのは、結果の診断レポート!!だと思います。
すっごく細かく前回の結果からの推移なども載せてくれていたり、息子の弱い部分を的確に指摘してくれます。


ページをめくると一番最初に出てくるのは、こちらの結果表。
得点をもとに、偏差値や順位が全国、都道府県、男女別の3パターンで出てきます。
昨年度から息子が目指している札幌市立開成中学校は男女の性別での人数枠を撤廃しているので、男女別はあまり参考になりませんが、私立で男子何名、女子何名と定員が男女別で決まっている学校を受験する方には男女別も必要な指標になります。


こちらは2教科、3教科、4教科とそれぞれの人数分布図です。
見ての通り、今回の息子の成績は国語が全体の底上げをしてくれましたが、社会に関してはボロ落としでしたし、算数と理科もパッとしない成績だったので、その分で結果的には偏差値50に届かず、といった残念な結果になりました😅



次は見開きで教科ごとの細かい分析結果を教えてくれます。
難しい問題で息子が正解した問題、逆に簡単な問題で息子が間違えた問題がどれだったのかもわかります。
復習するのによい材料になりますよね。
ほかの受験生の正答率が高くて息子が間違えてしまった問題は「取りこぼし」として教えてくれます。
これができれば何点アップしますよ~とか、次はこれを克服して何点を目指しましょう~とか、教えてくれます。
モチベーション上がりますよね~!!


で、最後に単元別に前回より正答率が上がった単元を教えてくれます。
これもまた、頑張った証になり息子も7領域もとアップしてる~!!やった~!!と喜ぶわかりやすい指標になります。


最後に克服すべき課題を知ることができます。
何に重点を置いて、今回の試験を復習すればよいのかわかりやすくていいですよね。
過去問の扱い方も近日また別の記事にしていこうと思います👍

まとめ

このように、全国統一小学生テストは大人も子供もモチベーションがぐーんと上がるテストです。
問題の内容も比較的、ひねくれたクセのある内容ではなく基本的な学力を試してくる内容になっているので、純粋の自分の力試しにちょうどよいテストだと思います。
また、過去に受験した記録も残っていてそことの比較もしっかりしてくれるので、回を重ねて受験するとますます情報として役立ってくると思います。

実は、息子は去年の6月に初めて受験したのですが、その時の4教科での偏差値は35.2でした~~😭
この時は、以前の記事にも書きましたが息子に受験を諦めさせようか本気で悩みました。
だけど、そこから少しずつ偏差値も上がってきて、4年生の11月には50.7でした。
5年生になって6月に受験した時は47.6と、11月に比べると少し下がりましたが受験者数も学年が上がり増えてきていたり、何を伸ばしていけば成績が上がるのかもはっきりとレポートから読み取ることもできたので、また11月の試験に向けて頑張ろうと思います。
息子の塾では、札幌市立開成中を目指す子はこの模試であればまずは偏差値50を目指しなさいと言われているようです。

息子にとっては、この受験生活もどこかゲーム感覚があるようで楽しんでいます。
私が子供の頃は、結構苦痛~な印象でしたが💦、息子とはいえ人によって感じ方の違いってこんなにあるんだな~と感心しちゃいます😅
まぁ、とにかく合否に関係なく息子の人生にとって良い経験になるようにと願って応援していきたいと思います❤️