自宅学習に通信教材を活用して思ったことと、来年度使う教材について。

こんにちは、YOSSY(@yossy_style)です💓

学年末で突然の小学校臨時休業💦
お子さんの学力に対する不安だったり、ストレス対策だったり、色々と親としての工夫が必要な事態になっていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか!?

息子の小学校では3月の2週目に先生方が学年末向けの学習教材や課題プリントなどを届けてくださったり、学習面では学校側の配慮もあり教材には恵まれています。

分散登校も始まりましたが、通常通りとはいかないし学校でも余計なおしゃべりはできないことなど、登校してもなんとなく不完全燃焼で帰ってきている息子を見るとなんだかかわいそうになってしまいます😢

4月から早く日常を取り戻して楽しい学校生活が送れるようになるといいなぁと願うばかりです。

さて、今日は年度末ということもあり3年生で使ってきた教材の見直しをしたので、そのことを記事に残しておこうと思います♪
これから通信教材を活用する予定の方に参考になれば幸いです。

3年生で活用した通信教材について

わが家では、3年生ではスマイルゼミと算数のみZ会を活用しました。





おかげさまで、3年生になるときにすごく心配していた9歳の壁とやらは、特に感じることなく。
今度は「10歳の壁」があると聞いて、
考えてみたら41歳になっても壁だらけだわと思った次第です(笑)
ですが、1年を通して振り返ってみると確かに3年生の勉強は少しずつ難易度も上がってきて、油断してしまったらあっという間にわからなくなってしまいそうだなぁという雰囲気はありました。

なので、通信教材はすごく活用できたので、あって良かったなぁとつくづく思います。
特にこの学年末での臨時休業中もこれらの教材が役に立ちました😉👍



紙教材は結構多い

今回Z会の算数教材は紙媒体のものを1年間受講したのですが、学校から配布されるプリントや宿題など圧倒的に紙教材が多いので学校の勉強についていけてるのに更にZ会の紙教材を使うのが息子にとっては案外大変でした。
飽きてしまったりで、なんとなく”こなしている”という感じです。

ただ、ハイレベルコースを受講したのでスタンダードコースにはついていない応用問題が1回分多く含まれていて、植木算や鶴亀算など教科書では学ばない内容がありました。
この単元の勉強をするのは息子も新しいことを学ぶ感覚があってワクワク楽しかったようです。

私たちが子供の頃は紙教材しかなかったのだからそれで当たり前なのですが、タブレット教材と比較してしまうとどうしても負担が大きい印象でした。

それに比べると、スマイルゼミのようなタブレット教材は、紙教材に飽きた時の”気分転換”としての要素も高く、息子もいやがらずにやっていた印象です。

来年度はZ会をやめて、スマイルゼミを標準コースから発展コースに切り替えます!

Z会の教材で、息子が応用問題がすごく好きだったのを考慮して4年生ではZ会を辞めてスマイルゼミを応用問題までやれる発展コースに切り替えることにしました。

ただ誤解のないように伝えておきたいのは、Z会はそれはそれですごく良い教材でしたよ!!
「お受験に強い!」という印象のZ会ですが、それでも基本から丁寧に学べるようになっていますし、構成も教科書の確認と練習問題とで1回分になっていてわかりやすく使いやすいです。

ただ我が家にとっては、タブレット教材が息子に合っていたということで、このような判断になりました。

紙教材だからこその良いところはもちろんある!

スマイルゼミでは、漢字の勉強にも力が入っています。
年に1度漢検を受検させてくれたりとか、
タブレットでも手を付けて漢字を書けるように作られていたり。
漢検対策用の教材が組み込まれていたり。
タブレットに書いた漢字が正確でなかったり、汚いと書き直しをリクエストしてくれたり。

ですが、やっぱり漢字は紙に書いて覚えるのが一番!!(←昭和の母!!)

って思ってしまいます~。
1年間スマイルゼミを使っていても、漢字のところはほとんどやりませんでした。
漢字は漢字ドリルや漢検のテキストを活用して覚えていました。

多分これからもそうすると思います。
私も試しにタブレットで漢字練習をしてみましたが、
タブレットに漢字を書くのと、紙に漢字を書くのでは、やっぱり全然感覚が違います。
きれいに書こうと思ってもタブレットできれいに書くのと、
鉛筆で紙にきれいに書くのでは筆圧も違うし字が書ける手に残る感覚も違うので、まったく別のことのように感じます。
なので、漢字を勉強させたい!ということでは、タブレットはちょっと期待とは異なるかもしれません。

しかし、これもまた私の主観であって、同じくスマゼミをやっているお友達のご家庭では漢字の部分もすごく気に入って使っている方もいらっしゃいます💓

受講は全教科が条件

わが家にとっては全教科受講できるというのが、すごくメリットを感じていて気に入ってますが、
スマゼミの受講を検討していたお友達のご家庭では、教科が選べてそれに応じて月額が違うものなら良かったとおっしゃってました。
というのも、我が家は一人っ子なのである程度の月額がかかったとしても一人分です。
ところが、お友達のご家庭は兄弟2人いれば一人だけってわけにはいかないと。
そうすると端末も2台必要だし(これも兄弟で1台で済むのならもっと良かったと。)、全教科ついてて約5,000円~6,000円となれば教科だけ選べてもう少し安ければ兄弟二人分でも活用できるのにと残念がっていました。

確かにそのような意見も一理あるなぁ~と思いながら聞いていましたが、
スマイルゼミは飽くまでも全教科セットです。
ですが、案外国語と算数は宿題もよく出るし、家で勉強する機会も多いです。
ところが理科や社会は、なかなか自発的に勉強するというのが案外難しい教科ではないでしょうか。
そう考えると、スマイルゼミで気がついたら理科も社会も勉強していたというスタイルの方がいいなぁ~と思ってしまいます。



市立の中高一貫校を受験するなら

4年生ともなると、そろそろ中学受験を意識する学年になってきます。
実は、先日息子も市立の中高一貫校向けの模試を受けてきました!!
(それについてはまた後日記事にしようと思います)

実際どんなものか知りたいという感じだったので何も勉強しないで受けましたが、
それにしても~!!
これがまたひどい結果でした~~!!笑😂

私立の中学受験とは違って教科書以外のことは確かに出題されないのですが、
だけど、教科書だけ理解してたのでもまた足りない範囲で出題されています。
教科書+αの知識が必要だと感じます。

また、数少ない正解していた問題もやっぱりスマゼミで勉強していた理科の範囲だったり、社会の範囲だったり。
国語と算数だけやってれば良いって感じでもないのだなぁとつくづく感じました。

そのこともあって、4年生ではスマイルゼミの発展コースに切り替えてみようという発想になりました。

何はともあれ主役は子供自身!

ついつい熱くなってくると、このこと忘れてしまいそうになりますが!!
主役は子供自身なのです!!
親はマネージャーみたいなものかと思います。

望む進路、望む将来に見合った教材の候補を探すのは親であっても、
選択し使用するのは子供自身。

そういう意味でも、スマイルゼミは息子の良き学習パートナーになってくれているようです😄




にほんブログ村 主婦日記ブログへ