英語学習の始め方ー学年別能力の違いー

小学生の英語学習について

今日の記事は、私がかつて英語教室を開いていた際に感じた
子供の年齢別能力の違いについて、また教室選びのコツについてを書こうと思います。

英語を学ぶ理由を考える。

まず、英語を学習する前に何のために英語を学ばせるのか。
そのことを親子で共有していないとそもそも学ぶ意味がないと思います。
日本に英語が入ってきた当初は、海外旅行に行くなんていうこともない時代ですから、
「英語で書かれた文献を読む」という目的のために英語を学ぶ人が多かったのです。
その名残で、日本の英語学習は文法の勉強が大きなウェイトを占めています。
それがどうも現在の英語のニーズにはマッチングしていないように思います。
今では海外旅行も気軽に行ける時代、将来は海外に移住して欲しいという
親御さんも増えてきています。
そうなると、文法を学んで正確に英語を書けたり読めたりする能力より、
口語的な言い回しや、正しい発音を学んだ方がニーズには合っています。
まずは、何のために英語を学ぶのかを再確認しましょう。

2020年から新指導要領が施行されます。

英語や社会などの分野で小学校の指導要領が10年ぶりに改訂されます。
「ゆとり教育」も指導要領がそうなったからこうなったように、
指導要領に則って、ある程度一定の水準を保って
日本の子供たちに与える教育のスタンダードが決まります。
その指導要領がこの度改訂されることが決まり、
一部は18年度(つまり来春から)から先行実施されることになりました。
その中で英語導入の学年は5年生から3年生に引き下がることになりました。
現在は5年生から「聞く」「話す」というの2技能にフォーカスして
英語に親しむ活動を展開していますが、それが3年生からスタートすることになり、
5年生からは「書く」「読む」の2技能が加わり、
テキストを用いての学習が週2回行われるようになり、
成績での評価もつく
ようになるとされています。

方向性は間違っていない!

この話を聞いたとき、これからのグローバル化していく社会情勢や
人工知能が世の中の職業を奪っていくであろう時代背景を鑑みても、
この方向性は間違っていないなと思いました。
正直、「書く」「読む」は後でも習得できます。
でも、「聞く」「話す」はなるべく早い方がいいです。
しかしながら、小3からではもったいないのでは!?
せっかく引き下げるなら1年生からにすれば良いのに!!
そう思ったのも事実です。

低学年と高学年では能力が違う。

実は、1~3年生と4~6年生では持っている能力が違うのです。
感覚的には、1年生より6年生のほうが全てにおいて能力が高いように
錯覚してしまいますが、実は3年生ぐらいまでにしか見られない能力もあるのです。
それは、「理屈で考えることなく、あるがままを受け入れる」という力なのです。
低学年の子供たちは、聞き慣れない英語でも聞くがままに聞き入れて真似ることができるのです。
高学年になると、なぜそうなるのか?理屈を欲しがるようになります。
なので、正しい英語の発音だったりリズムだったり、文法が関係ない口語的な言い回しは
明らかに低学年の子供のほうが定着が早いのです!!
逆に低学年の子供たちに机上で文法を叩き込もうと思っても
もちろん個人の能力としてすぐに覚えられる子も中にはいますが、
標準的な能力としては、教える方も教わる方もストレスになるやり方です。
どちらかというと、細かい文法の説明をせずにゲーム感覚でターゲットとなる
文法を使ったゲームをする方が定着効果が見られます。

低学年のうちはとにかく聞かせる!

幼児期は特にわざわざ英語教室に通う必要はないと思います。
週1回の英語レッスンを受けるぐらいなら、毎日NHKの「英語であそぼ!」を
見せてあげたほうが価値があると思います。
また、ディズニー映画のDVDを吹き替えなしで観るのもオススメです。
ディズニー映画は、絵だけでも豊かな色彩が子供の脳を刺激しますし、
言葉がわからなくても観ているだけで大体のストーリーがわかります。
ただ、幼児期にそれをスタートするのであれば、最初から吹き替えで観せないことが
重要だと思います。「英語の勉強だよ!」なんて言っても子供には通用しませんから、
一度でも日本語で観たことがある子は、吹き替えを嫌がったりします。

我が家はこれで大失敗してしまいました!
結局、自分の息子にはディズニー映画を英語で見せることは叶いませんでした。
なので赤ちゃんが家にいるママさんは是非初めてのディズニーは
英語でよろしくお願いします!!笑

幼児期は教室に通うお金は将来用に貯蓄し、
是非ご家庭で毎日コツコツとお金をかけずに
聞いて真似る能力を存分に伸ばしてあげるべきです。

低学年のお子さんは、一部の教室に関しては大変オススメです。
幼児期同様、日々英語を聞くチャンスを作ることのほかに、
週1回英語のシャワーを浴びせてあげることは大変刺激になります。
ただ、教室選びは慎重に行ってください。

低学年が通うべき英語教室

まず、レッスン中は日本語を使わない先生のもとへ行きましょう。
質問も例題も、(お叱りも!)全部英語でやってくれる先生を選ぶべきです。
せめてレッスンの間は日本にいないぐらいの感覚でいられる教室がベストです。
内容は難しくなくても難しくてもどちらでもよいと思います。
ただ、教室に足を入れたその瞬間から帰る瞬間まで日本語が出ない教室が良いです。
また、(ここ重要ですが…)先生の英語の発音が下手な教室は逆にダメです。
小さな子供は下手な英語も全部聞いて覚えます。

子供たちの耳は本当に大人が思う以上にレベルが高いです。
正しい英語を聞き続けた子は、通じない発音をもきちんと理解しています。

残念なことに、ネイティヴの先生の英語教室であっても
その先生が日本語堪能であった場合、日本語が多用されるケースが多いです。

きちんと体験レッスンを受けて、教室にもきちんとオールイングリッシュで
レッスンをしてくれるのかどうか確認してから決めるのをお勧めします。

日本語を使うにしても、まずは英語で指示を出してくれて何度か繰り返したり、
別の言い方をしてくれたり、
身振り手振りも使いながらなんとか英語で理解してくれるまで、
英語で続けてくれる先生のもとに通うのがベストです。
先生が日本語を話すと、子供たちは「この先生は日本語がわかる」と思ってしまいます。
そう思ってしまった途端、子供たちには甘えが入るので
考えようとはせず日本語を待つようになってしまいます。
でも、実際本当に海外に一人でポーンと飛び込んだら、
相手が日本語をしゃべるまで待つなんてことはありません。

高学年で英語学習を始める場合の教室選び

高学年になってから英語学習を始めるお子さんの教室は
ズバリ!文法を日本語で解説してくれる教室をお勧めします。

高学年は、前述のとおり「なぜそうなるのか?」という理屈を求め始めます。
ただこう言いなさい、こう発音しなさい、ではモヤモヤしてしまうのです。
なので、会話の前に英検5級レベルだけでも文法を学んでから
英会話を取り入れると良いでしょう。
4年生で英語学習を始めた私の生徒で、
IとYouの違いを理解できない子がいました。
オールイングリッシュのそのクラスで、
違いをわかるまで説明するのは至難の業でした。
レッスンの後、日本語で説明すると彼は3秒でIとYouの違いを理解できました。

わからない英語を聞かされるほど子供にとって苦痛なことはありません。
もう、はっきり言って大っ嫌いになります。
日本で暮らす限りは、英語が話せなくても困ることなんてありませんから。
英語を話せるようになるという選択肢を捨ててしまうこともあるでしょう。

なので、高学年から英語を始める場合は、
先に文法を学べるクラスを受講してください。
会話はその後で十分です。
私自身がそうでしたから。
それでも教室を持ってオールイングリッシュでレッスンができるレベルにはなります。
私は中1から学校で英語を学びました。
入学と同時に親がネイティヴの英語教室を探してくれて
週1回でレッスンに通いました。
これは高校2年生ぐらいまで続けました。
あとは高1の夏休みに学校行事としてカナダにホームステイしました。
また、英語の音楽が好きです。
はっきり言って映画は吹き替え版が大好きです。
私が英語を学んだ機会ってこれぐらいです。
それでも、基本的な英語は理解できるし日常会話レベルまでは持っていけます。
おそらく英語圏に住んでいればもっともっと上達したでしょう。

だから、高学年で英語学習を始めるご家庭も、あきらめることはありません。
年齢別に英語習得の近道が違うことだけ覚えておいてください。
どのルートで行くのか、お子さんの学年や年齢に合わせて決めたら良いと思います。
3年生、4年生の親御さんは、分岐点におりますから、
ぜひその両方を試してみていただいて、
お子さんが心地よいと思う方でやらせてあげてください。
苦手意識を持たせたら失敗ですよ!!
とにかく、英語は楽しい!自分もやれる!と思えるように。
開放的な気持ちで恥ずかしがらずに英語を発するチャンスを与えてあげてください。
その環境は小学生や中学生のうちは親御さんが見つけてあげるしかないと思います。
高学年で、始める場合は特にネイティヴのクラスがオススメです。
先生が日本人だった場合、不思議と照れが出るのか積極的になれません。
しかし見るからに「外国人」の先生の前だと、先生がわかるように!という
子供なりの親切心が出るのか、へたくそながらも(笑)積極的に英語が出ます。

是非、お子さんの成長段階に合わせた導入方法をお選びください。
珍しく熱く語ってしまいましたが…!!(いつもか!!笑)
皆さんのお子さんが、英語を大好きになってくれますように☆




にほんブログ村 主婦日記ブログへ