インフルエンザから身を守る!風邪予防に緑茶うがいが効果あり!!

お茶うがいでウイルスから体を守る!

おかげさまで息子は比較的、体は丈夫な方です。
幼稚園の年中さんから皆勤賞をいただいており、幼稚園も学校も休まず行っております。
とは言え、年中さんの時は同じ冬にインフルエンザA型B型と2回感染してしまい出席停止扱いで皆勤でした。
インフルエンザ、恐れてはいましたがB型は案外症状も軽く済んだのですが、A型はきつそうでした。
なかなか熱も下がらないしね…

そんなきっかけで、風邪予防には気を付けるようになった我が家です。

インフルエンザワクチンは打ちません。

ワクチンにはチメロサールという水銀化合物が保存剤として添加されています。
影響がないぐらい微量だから心配ないという説もありますが、わざわざお金を出して水銀を子供の体内に入れる必要はないというのが我が家で出した結論でした。
幼稚園時代は心無いママ友にも「チャレンジャーだねぇ」などと嫌味を言われたこともありましたが、結局ワクチンを打っていても感染する子はするし、しない子はしない。ワクチンを打っても打たなくても、症状が重い子もいれば軽い子もいる。
年月が経って冷静に思い出してみると、そんな感じでした。

予防が一番大事!

とは言え、「ワクチンを打ってない」ということが逆に私にとっては予防への意識を高めました。
大体、ワクチンを打ってないだけで嫌味を言う人がいるぐらいなんだから、うちがきっかけで流行ってしまったらそれこそ何を言われるかわかったもんじゃない!というのもありましたし(笑)

おかげで、自然療法を活用しながら息子の丈夫な体づくりを考えられるようになったので結果オーライです。

着替えと手洗いうがいを徹底する。

子供が集団の中から帰ってきたらまずは、着替えと手洗いうがいを徹底しています。
着替えというのは、行きつけの小児科で教わった方法です。
それは息子がまだ乳幼児だった頃に発熱で病院に行った時のことでしたが、院内感染の予防策として「家に帰ったら衣類にもウイルスが付着している可能性があるからお洋服を着替えさせてあげるといいよ」と教えていただいたのがきっかけで、病院だけでなく風邪がはやる季節になると帰宅後の着替えもさせるようになりました。
どれだけの効果があるのかはわかりませんが、気持ちがかなり軽くなります。(笑)

そして手洗いとうがいですね。
うがいも水やうがい薬を使っていた時期もありましたが、去年あたりから大人も子供も緑茶でうがいをするようになりました。

お茶の効能

お茶には「茶ポリフェノール」という成分が含まれていてその中の「茶カテキン」という成分が強い坑ウイルス作用を持っています。
殺菌作用も強く、インフルエンザウイルスの増殖も阻止します。

私は喉が弱く、寝不足だったり免疫が落ちるとまず喉に痛みが出るのですが緑茶でうがいしたり緑茶を飲んだりしているうちに治ってしまうほど。
息子の場合は麦茶は飲めるけれど、緑茶は苦くて嫌いというので完全にうがい用ですが冬場は切らさずに置いてます。

水出しできるタイプの緑茶のパックで作って冷蔵庫に入れておくだけです。
お茶と言えば静岡ですが、我が家では放射能も気になるので気休めかもしれませんが京都や長崎のお茶を使うようにしています。
放射性物質のヨウ素は喉にたまりやすい性質を持っているので、うがいしてヨウ素を取り込んだのでは、いっそ風邪なんて予防しないほうがいいってことになってしまいますので、せめて産地ぐらいは気を付けるようにしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【無添加】有機煎茶【放射能検査済】
価格:1080円(税込、送料別) (2017/12/25時点)

探してみると、放射能検査もなされている緑茶もあります。
こちらは長崎産の茶葉です。
しかも無添加で農薬や化学肥料も使用していないものだそうで。
私も、この記事を書いたら注文しようと思います!笑

是非、お子さんやご家族の風邪予防に緑茶を取り入れてみてください。
手軽にできて、効果も実感できる本当にオススメの方法です!




にほんブログ村 主婦日記ブログへ